イーサリアムとは?

若いロシア系カナダ人でビットコインソフトウェアの貢献者であったVitalik Buterinによって構想されたイーサリアムは、分散型グローバルコンピューティングプラットフォームまたは、誰でも「スマートコントラクト」ベースの分散型アプリケーションやDappsを作り、保存して実行できる「バーチャルマシン」です。スマートコントラクトは、イーサリアムのブロックチェーンに記録される自動執行プログラムされた取り決めです。

イーサー(ETH)はイーサリアムエコシステムの燃料で、バーチャルマシンを維持するためにイーサリアムネットワークのやる気のあるマイナーによって発展、保存、実行することが求められます。

ゲートコインは2015年8月に、世界で初めてイーサーの両替所として誕生しました。

イーサリアムのコードはオープンソースで、Solidityと呼ばれるJavaScriptベースの独自のスマートコントラクト言語を使用したプラットフォームで、誰でも貢献しdappsを発展させることができます。

イーサリアムに組み込まれているdappsの種類は、多くの産業や分野に広がりをみせています。リリースされているまたはいまだに発展をしている全てのdappsは「State of the Dapps」で確認できます。

ビットコインとイーサリアムの違いは?

ビットコインをメールに、イーサリアムをインターネットに例えてみましょう。この場合メール(ビットコイン)はインターネット(イーサリアム)の発展を進めて刺激を与えます。それはビットコインの基本的なインフラは単なるデジタル通貨ではなくたくさんのアプリケーションに適用されるからです。ですからそれは、あたかもメールが出現してその基本的なプロトコルがインターネットの発展をリードしているかのようです。

イーサリアムは柔軟性があるコンピューティングプラットフォームで、ビットコインは強固なコードのデジタル通貨です。しかしながら、RootstockやCounterpartyのようにdappsをビットコインのブロックチェーンに組み込むことを可能とする機関もまた存在します。

ビットコインは今でも最大で最高レベルの安全性を持つブロックチェーンネットワークですが、イーサリアムにはさらに効果的なトランザクションがあり、そのコミュニティはビットコインよりも簡単にプラットホームの変更に同意しています(議論はありますが)。マイクロソフト、J.P.モルガン、デロイトなどの大企業で使用、採用されているので、イーサリアムの社会イメージは比較的ポジティブです。一方でビットコインのイメージは、ウェブの闇市場の支払い方法としてまだ汚れています。

イーサリアムトークンとは?

イーサリアムトークンは、トークンセール、イニシャルコインオファリング(ICO)、イニシャルトークンオファリングまたはトークンジェネレーションイベント(TGE)として知られるプロジェクト開発のクラウドファンディングの方法として、dapp創設者によってよく作られます。

ほとんどの場合、dappがリリースされるとき、トークンはそのdappの通貨または燃料として使われ、AWSクレジットと似たような役割を演じます。

ある場合には、自立分散型組織(DAO)の一部としてのスマートコントラクトを通して整理された配当と投票の権利をトークンの保持者に与えます。DAOはイーサリアムに保存され実行されるある種のロボファームです。

ほとんどのイーサリアムトークンはERC20として知られる明確な技術基準に従います。ゲートコインはECR20トークンを初めて扱った交換所でたくさんのERC20トークンを支持してきました。